今、北朝鮮のコロナウイルス感染状況はどのようになっているか

(2020年4月22日)


 北朝鮮による14日のミサイル発射は、先月から続く一連の挑発行為の中で最新のものとなった。世界中に感染が拡大するコロナウイルスが孤立した北朝鮮にどう影響を及ぼすか不透明な中、先月、同国は一か月間で過去最多のミサイルを発射した。

 専門家は、北朝鮮で人道上の危機が高まる中、金正恩朝鮮労働党委員長が抑圧を強めるのではないかと懸念している。同国は、新型コロナウイルスの感染者の存在をまだ認めていない。逆に、正恩氏は実際にウイルスの感染を阻止し、各国が対応に追われる中、付け入る機会を狙っているともみられている。

 新型コロナウイルスは近隣の中国から発生し、アジアを含め世界各地にも広がっているが、北朝鮮は国内感染者がゼロだと主張。米当局はこれに異議を唱えている。こうした不透明性が、一連のミサイル実験についての分析を一層困難にしている。

 韓国軍当局者によると、14日の実験は地上と戦闘機の両方から発射されたもので、少なくとも一部の飛翔体は巡航ミサイルである可能性が高い。

 地上発射ミサイルは、・・・ (残り3553文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース