今、北朝鮮のコロナウイルス感染状況はどのようになっているか

(2020年4月22日)

People watch a TV screen showing a news program reporting about North Korea’s missiles with a file image at the Seoul Railway Station in Seoul, South Korea, Tuesday, April 14, 2020. South Korea says North Korean fighter jets have fired missiles off the North’s east coast. A South Korean defense official says the North launched several fighter jets after it conducted suspected cruise missile tests on Tuesday morning. (AP Photo/Lee Jin-man)


By Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, April 14, 2020

 北朝鮮による14日のミサイル発射は、先月から続く一連の挑発行為の中で最新のものとなった。世界中に感染が拡大するコロナウイルスが孤立した北朝鮮にどう影響を及ぼすか不透明な中、先月、同国は一か月間で過去最多のミサイルを発射した。

 専門家は、北朝鮮で人道上の危機が高まる中、金正恩朝鮮労働党委員長が抑圧を強めるのではないかと懸念している。同国は、新型コロナウイルスの感染者の存在をまだ認めていない。逆に、正恩氏は実際にウイルスの感染を阻止し、各国が対応に追われる中、付け入る機会を狙っているともみられている。

 新型コロナウイルスは近隣の中国から発生し、アジアを含め世界各地にも広がっているが、北朝鮮は国内感染者がゼロだと主張。米当局はこれに異議を唱えている。こうした不透明性が、一連のミサイル実験についての分析を一層困難にしている。

 韓国軍当局者によると、14日の実験は地上と戦闘機の両方から発射されたもので、少なくとも一部の飛翔体は巡航ミサイルである可能性が高い。

 地上発射ミサイルは、・・・

(残り3553文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース