大統領令で一部関税の支払い猶予

(2020年4月23日)

Photo by: Ben Margot / MSC Anna, the largest active cargo ship in North America, is aided by tugboats as she prepares to dock at the Port of Oakland on Thursday, April 16, 2020, in Oakland, Calif. MSC Anna, which is 1,312 feet long, is transporting a backlog of empty containers and will be unloading imports. (AP Photo/Ben Margot)


By Dave Boyer – The Washington Times – Sunday, April 19, 2020

 トランプ大統領は19日夜、大統領令を出し、ムニューチン財務長官に、関税の支払いを猶予する権限を与えた。新型コロナウイルス(COVID-19)危機を受けた措置だ。

 大統領令によって財務省は、「COVID-19のために大きな経済的打撃を受けた輸入業者」の関税支払いを猶予することが可能になる。

 ムニューチン氏は、一部の関税支払い期限を一時的に先延ばしする権限が与えられる。

 この措置で関税がどのような影響を受けるかは明確になっていない。しかし、一部の米企業は、25%もの関税を支払う一方で、新型コロナによる閉鎖の拡大で売り上げや需要は減少している。

 財務省と税関・国境警備局(CBP)は、・・・

(残り635文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)
→その他のニュース