トランプ氏再選はコロナからの回復次第

(2020年4月24日)

President Donald Trump speaks during a coronavirus task force briefing at the White House, Saturday, April 18, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Dave Boyer – The Washington Times – Sunday, April 19, 2020

 強い経済を追い風に再選に臨むというトランプ大統領の計画は、この1カ月で頓挫した。2200万人が新型コロナウイルスの感染拡大で失業し、再選の見通しは、民主党が知事を務める激戦州で経済を復活させられるかどうかにかかっている。

 共和党の世論調査専門家ホイット・エアーズ氏は、「トランプ氏の切り札は強い経済だったが、それはもうない。少なくとも今はない」と述べた。

 国民の90%以上に外出禁止令が課され、知事らは各州のスケジュールに基づいて企業と学校を再開する計画を立て始めた。最も楽観的な予測でも、米経済が回復の兆しを見せるのは9月、10月ごろだ。

 トランプ氏は先週、知事らに向けて安全に再開するためのガイドラインを発表、感染率が低い29州で月内に仕事に戻り始めることに期待を表明した。

 「国を元に戻す」とトランプ氏は述べた。

 ガイドライン発表の翌日、トランプ氏はツイッターで、ミシガン、ミネソタ、バージニア各州の知事に自宅待機令から州を「解放」するよう迫った。

 3州の知事が取っている措置についてトランプ氏は・・・

(残り4400文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース