トランプ氏再選はコロナからの回復次第

(2020年4月24日)


 強い経済を追い風に再選に臨むというトランプ大統領の計画は、この1カ月で頓挫した。2200万人が新型コロナウイルスの感染拡大で失業し、再選の見通しは、民主党が知事を務める激戦州で経済を復活させられるかどうかにかかっている。

 共和党の世論調査専門家ホイット・エアーズ氏は、「トランプ氏の切り札は強い経済だったが、それはもうない。少なくとも今はない」と述べた。

 国民の90%以上に外出禁止令が課され、知事らは各州のスケジュールに基づいて企業と学校を再開する計画を立て始めた。最も楽観的な予測でも、米経済が回復の兆しを見せるのは9月、10月ごろだ。

 トランプ氏は先週、知事らに向けて安全に再開するためのガイドラインを発表、感染率が低い29州で月内に仕事に戻り始めることに期待を表明した。

 「国を元に戻す」とトランプ氏は述べた。

 ガイドライン発表の翌日、トランプ氏はツイッターで、ミシガン、ミネソタ、バージニア各州の知事に自宅待機令から州を「解放」するよう迫った。

 3州の知事が取っている措置についてトランプ氏は・・・ (残り4400文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース