トランプ氏再選はコロナからの回復次第

(2020年4月24日)

President Donald Trump speaks during a coronavirus task force briefing at the White House, Saturday, April 18, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Dave Boyer – The Washington Times – Sunday, April 19, 2020

 強い経済を追い風に再選に臨むというトランプ大統領の計画は、この1カ月で頓挫した。2200万人が新型コロナウイルスの感染拡大で失業し、再選の見通しは、民主党が知事を務める激戦州で経済を復活させられるかどうかにかかっている。

 共和党の世論調査専門家ホイット・エアーズ氏は、「トランプ氏の切り札は強い経済だったが、それはもうない。少なくとも今はない」と述べた。

 国民の90%以上に外出禁止令が課され、知事らは各州のスケジュールに基づいて企業と学校を再開する計画を立て始めた。最も楽観的な予測でも、米経済が回復の兆しを見せるのは9月、10月ごろだ。

 トランプ氏は先週、知事らに向けて安全に再開するためのガイドラインを発表、感染率が低い29州で月内に仕事に戻り始めることに期待を表明した。

 「国を元に戻す」とトランプ氏は述べた。

 ガイドライン発表の翌日、トランプ氏はツイッターで、ミシガン、ミネソタ、バージニア各州の知事に自宅待機令から州を「解放」するよう迫った。

 3州の知事が取っている措置についてトランプ氏は・・・

(残り4400文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース