保守派、社会活動再開に向けてコロナウイルスに伴う都市閉鎖に反対するデモ実施

(2020年4月25日)

Photo by: Ross D. Franklin / Protesters rally at the Capitol to ‘re-open’ Arizona against the governor’s stay-at-home order due to the coronavirus Monday, April 20, 2020, in Phoenix. (AP Photo/Ross D. Franklin)


By Dave Boyer and David Sherfinski – The Washington Times – Monday, April 20, 2020

 新型コロナウイルスによる都市閉鎖を止め、経済活動を再開させることを求める保守派が20日、ペンシルベニア州やアリゾナ州などの州都に集い、前例のない権力の拡大を止めるよう知事に警告した。

 ペンシルバニア州の州都ハリスバーグに集まった数百人のデモ参加者は、民主党のトム・ウルフ知事による大人数の集会禁止や「社会的距離」の指針に反して、『不要不急』の外出に対する厳しい制限に抗議した。

 この騒がしい集会には、「私のワクチンはイエス・キリストだ」と書かれた土木会社のトラックも姿を現し、群衆の中を警笛を鳴らしながら通り過ぎた。

 ウルフ氏の外出禁止令は5月8日まで続く予定だが、同州フランクリン郡選出で共和党のダグ・マストリアーノ上院議員は、勢いを増すデモ参加者たちはそこまで長くは待てないことを示唆した。

 マストリアーノ氏は州議会議事堂前で「5月1日について様々な話が出ている。私たちは何か異なることをするかもしれない」と群衆に語り、「あなたたちは、どうするか」と問いかけた。

 これに抗議者たちは「再開だ!」と繰り返した。

 ホワイトハウスによると、全ての州が経済活動再開に向けて政権が発表した3段階の指針のうち「フェーズ1」の基準を満たす新型コロナ検査能力を持つ。

 トランプ大統領は・・・

(残り5387文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米国の共産主義・マルクス主義運動はバイデン氏を全面支持

(2020年08月13日)

メディアへの不信、憂慮すべき水準に

(2020年08月12日)

共和議員、バイデン氏の副大統領候補の1人バス氏をカストロの賛同者と非難

(2020年08月11日)

米、中国に外交官の大幅削減を要求へ スパイ事件の急増を受け

(2020年08月10日)

バイデンの副大統領候補であるカレン・バス、2010年のサイエントロジー講演での発言で苦慮

(2020年08月09日)

北朝鮮の「クリスマスギフト」は「10月サプライズ」になるのか

(2020年08月07日)

「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年08月05日)

トランプ陣営、世論調査は不正確と主張

(2020年08月03日)

経済対策で共和党分裂も、保守派がトランプ氏に警告

(2020年07月31日)

トランプ陣営の新選対本部長「長く激しい戦いになる」

(2020年07月30日)
→その他のニュース