新型コロナ下の世界経済、価格急落も原油売れず

(2020年4月27日)

Photo by: Sue Ogrocki / Gas prices are posted as .999 for regular and 1.37 for premium at a Sam’s Club Tuesday, April 21, 2020, in Oklahoma City, as oil prices continue to drop, because very few people are flying or driving, and factories have shut amid widespread stay-at-home orders due to COVID-19. The new coronavirus causes mild or moderate symptoms for most people, but for some, especially older adults and people with existing health problems, it can cause more severe illness or death. (AP Photo/Sue Ogrocki)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Tuesday, April 21, 2020



 停止状態の世界経済と底値の原油価格は、全世界に最悪の事態をもたらしている。主要輸入国や開発途上国、エネルギー消費型産業、観光業、消費者など、普段はエネルギー市場下落の受益者たちでさえも、恩恵を受けるのに四苦八苦している状況だ。

 中国やインドなど主要石油輸入国は、理論上は、新型コロナウイルスの世界的大流行がもたらした原油価格の歴史的下落から利益を得るはずだ。だが、専門家によると、輸入国の備蓄は既にほぼ満杯であり、安いエネルギーを購入し、それを貯蔵する能力は限られているという。これは観光業界にも同じことが言える。燃料が安いと、いつもならコストを削減でき、利益が上がる。だが、今は飛行機は空席で、クルーズ船はキャンセルされ、お客もほとんどない。

 一般の消費者も、普通なら原油市場が下がればガソリン代を節約できる。だが、多くの消費者は自主的、または政府の命令で自宅待機している。

 米国や同盟国のカナダ、イラク、敵対国のロシア、ベネズエラ、イランなど産油国にとっては、売上や政府の歳入で大打撃を受けている。最近の減産合意も、市場を動かすには至っていない。

 エネルギーアナリストによると、・・・

(残り1288文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース