秋学期の大学授業料、減額の動き

(2020年4月28日)

In this Friday, Nov. 11, 2011, file photo, a student walks in front of the Old Main building on the Penn State campus in State College, Pa. The university on Wednesday, March 18, 2020, canceled in-person classes for the rest of the spring semester, citing the coronavirus pandemic, as state officials announced a 40% jump in the number of confirmed cases. (AP Photo/Matt Rourke, File)


By Christopher Vondracek – The Washington Times – Wednesday, April 22, 2020

 オハイオ州スチューベンビルのフランシスカン大学が、今秋の新入生の授業料を大学側が負担すると発表を聞いて、入学予定のアラン・ウッドさんの喜びようは大変なものだった。

 同州チャグリンフォールのケンストン高校3年生のアランさんは22日、「これで家族の負担がかなり軽減される。秋に大学に入れて、経済的な心配をしなくていいのはすごいことだ」と語った。

 今秋の学期に授業料を減免する学校は、カトリック系のフランシスカン大学だけではない。国内最大規模のサザンニューハンプシャー大学は21日、年間授業料の61%減額を「加速」し、1万ドルにすることを発表した。

 サザンニューハンプシャー大学も、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、学内に住み、秋に始まるオンラインコースを取る新入生の1年間の授業料を負担すると発表した。

 学長で最高経営責任者(CEO)のポール・ルブラン氏は・・・

(残り1206文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース