元MI-6工作員、反トランプ関係の書類は破棄されたと主張

(2020年5月1日)

Photo by: Victoria Jones / Christopher Steele, former British intelligence officer, said the law firm Perkin Coie wanted to be in a position to contest the 2016 election results. (Associated Press)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Friday, April 24, 2020

 元M16工作員のクリストファー・スティール氏は、民主党が資金提供した、反トランプ文書を作成するための調査の記録はもはや彼のコンピューターに存在しないと語った。

 スティール氏は先月、ロシア最大の商業銀行「アルファ銀行」を所有する3人の同国のオルガリヒ(新興財閥)によって提訴された裁判で証言した。

 スティール氏は、トランプ大統領が2016年の選挙でロシアによる干渉を導いたと非難した35ページの文書で、3人の銀行家をロシアによるコンピューターハッキングとソーシャルメディアを利用したヒラリー・クリントン氏への中傷に関連付けた。

 3人は、スティール文書112号に見られる申し立てを否定し、ワシントンDCとロンドンでスティール氏を訴えた。

 政府の報告書によると、・・・

(残り1362文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース