元MI-6工作員、反トランプ関係の書類は破棄されたと主張

(2020年5月1日)

Photo by: Victoria Jones / Christopher Steele, former British intelligence officer, said the law firm Perkin Coie wanted to be in a position to contest the 2016 election results. (Associated Press)


By Rowan Scarborough – The Washington Times – Friday, April 24, 2020

 元M16工作員のクリストファー・スティール氏は、民主党が資金提供した、反トランプ文書を作成するための調査の記録はもはや彼のコンピューターに存在しないと語った。

 スティール氏は先月、ロシア最大の商業銀行「アルファ銀行」を所有する3人の同国のオルガリヒ(新興財閥)によって提訴された裁判で証言した。

 スティール氏は、トランプ大統領が2016年の選挙でロシアによる干渉を導いたと非難した35ページの文書で、3人の銀行家をロシアによるコンピューターハッキングとソーシャルメディアを利用したヒラリー・クリントン氏への中傷に関連付けた。

 3人は、スティール文書112号に見られる申し立てを否定し、ワシントンDCとロンドンでスティール氏を訴えた。

 政府の報告書によると、・・・

(残り1362文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース