思慮を欠く政策で高齢者が犠牲に

(2020年5月6日)

Photo by: Rick Bowmer / Raelene Critchlow, 86, receives a visit from her great-grandchild Camille Carter, 6, at Creekside Senior Living, Thursday, April 23, 2020, in Bountiful, Utah. Window visits help seniors connect to families despite coronavirus restrictions. (AP Photo/Rick Bowmer)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, April 29, 2020

 ANALYSIS/OPINION: 職者らの知恵の足りない政策のせいで、何千人もの高齢者が、感染症患者の同居者と密な接触を強いられて、命を落としている。

 野辺の送りの苦しみが過ぎ去った後、後に残された、悲しみに暮れる人たちは、彼らの愛する人たちは、あれより優れた保護を受けられなかったのはなぜだろうか、と思うに違いないが、その疑問を解いてもらう資格はあるだろう。

 COVID-19と呼ばれる中国起源のウイルス、これは1月以来、世界中で、21万7000人以上を、そして、6万人近くの米国人を、殺したのだが、年齢の進んだ人たちにとっては特に、致死性のあるものであった。すでに健康に何らかの障害を持っている人の多い65歳から、それ以上の人たちが、疾病対策センター(CDC)の報告によると、全米のコロナウイルス死の80%近くを占めていたという。

 全米のコロナウイルスの40%の発生中心地、ニューヨークでは、保健福祉省の役人が、早く手を打って、うわさによれば、州の救急病院のキャパシティーを高めるために、感染症患者を老弱者の世話をする介護施設に入れる計画を立てたという。・・・

(残り1352文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース