トランプ氏、支持率低下で陣営幹部に怒り

(2020年5月7日)

President Donald Trump listens during a demonstration of ways NASA is helping to combat the coronavirus, in the Cabinet Room of the White House, Friday, April 24, 2020, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By Zeke Miller and Jonathan Lemire – Associated Press – Wednesday, April 29, 2020

 トランプ大統領が先週、側近らに食って掛かる場面があった。芳しくない世論調査結果を示したためだが、その調査によると、トランプ氏の新型コロナウイルスへの対応が非難され、激戦州での支持率が低下している。

 新型コロナの死者は増加し、経済活動の大部分は依然、停止されたままで、共和党全国委員会(RNC)とトランプ陣営の最新の調査によると、このままでは再選は厳しい。

 トランプ氏はコロナ危機の最初の数週間、最高の支持率を得ており、側近らは、新型コロナによる政治への悪影響や、トランプ氏の記者会見での無責任な発言によるつまらないミスが原因と強調する。

 トランプ氏はこれに反発したが、勝てると思っていた候補に負けるかもしれないと不安を感じている。

 トランプ氏は陣営幹部との電話会議で「私がジョー・バイデンに負けるはずがない」と繰り返し訴えた。会議の内容を知っている5人の関係者が、私的な会合の内容を公表する権限がないとして、匿名で明らかにした。

 トランプ氏にとっては厳しい内容だ。会合でトランプ氏は、・・・

(残り1698文字)

Trump Central Review【定期購読】


中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)
→その他のニュース