トランプ氏、支持率低下で陣営幹部に怒り

(2020年5月7日)

President Donald Trump listens during a demonstration of ways NASA is helping to combat the coronavirus, in the Cabinet Room of the White House, Friday, April 24, 2020, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By Zeke Miller and Jonathan Lemire – Associated Press – Wednesday, April 29, 2020

 トランプ大統領が先週、側近らに食って掛かる場面があった。芳しくない世論調査結果を示したためだが、その調査によると、トランプ氏の新型コロナウイルスへの対応が非難され、激戦州での支持率が低下している。

 新型コロナの死者は増加し、経済活動の大部分は依然、停止されたままで、共和党全国委員会(RNC)とトランプ陣営の最新の調査によると、このままでは再選は厳しい。

 トランプ氏はコロナ危機の最初の数週間、最高の支持率を得ており、側近らは、新型コロナによる政治への悪影響や、トランプ氏の記者会見での無責任な発言によるつまらないミスが原因と強調する。

 トランプ氏はこれに反発したが、勝てると思っていた候補に負けるかもしれないと不安を感じている。

 トランプ氏は陣営幹部との電話会議で「私がジョー・バイデンに負けるはずがない」と繰り返し訴えた。会議の内容を知っている5人の関係者が、私的な会合の内容を公表する権限がないとして、匿名で明らかにした。

 トランプ氏にとっては厳しい内容だ。会合でトランプ氏は、・・・

(残り1698文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース