トランプ氏:当初、新型コロナは重大でないと説明された

(2020年5月9日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during a Fox News virtual town hall from the Lincoln Memorial, Sunday, May 3, 2020, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By Dave Boyer – The Washington Times – Sunday, May 3, 2020

 トランプ大統領は3日夜、新型コロナウイルスに関する最初の情報機関のブリーフィングを1月23日に受け、補佐官らから「大したことはない」と説明を受けていたことを明らかにした。

 トランプ氏はワシントンのリンカーン記念館でFOXニュースが行った仮想市民対話集会で、「ウイルスが入ってきているようだが、それほど重要ではないと言われた。短いやり取りだった。とても落ち着いた様子で、大したことはないと言っていた」と述べた。

 トランプ氏は、新型コロナ感染拡大の危険性を認識するのが遅かったと非難されている。新型コロナは昨年、中国で発生し、米国の死者は6万6000人を超えた。報道によると、トランプ氏は1月23日に新型コロナは「世界に拡大する」と伝えられていたという。

 民主党は、感染拡大へのトランプ氏の対応を選挙の争点にしようとしており、対応が遅すぎたと非難している。トランプ氏は、自分が対処していなければ100万人以上が死亡していただろう主張している。

 トランプ氏は、1月31日に中国から帰国する米国人以外の中国からの空からの入国を禁止したことを強調、ホワイトハウスが4日に新型コロナに関するブリーフィングの内容を公表すると述べた。

 トランプ氏は、動画で全米から寄せられた質問に要領よく答えていた。その多くは、いつ職場や学校に戻れるかに関する質問だ。

 トランプ氏は、秋学期の9月に大学を再開できるよう努力すると強調、「戻ってほしいと思っている」と述べた。

 さらに、・・・

(残り3868文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース