正常化へ準備始める米軍、訓練を再開/新型コロナ

(2020年5月12日)

U.S. Army soldiers with their gear head to an awaiting bus Saturday, Jan. 4, 2020 at Fort Bragg, N.C., as troops from the 82nd Airborne are deployed to the Middle East as reinforcements in the volatile aftermath of the killing of Iranian Gen. Qassem Soleimani. (AP Photo/Chris Seward)


By Mike Glenn – The Washington Times – Wednesday, May 6, 2020

 世界最大の海上軍事演習「リムパック」が今夏、ハワイ沖で実施される。しかし、新型コロナウイルス禍の最中にあり、米軍の作戦立案者らの捉え方はさまざまだ。

 民間の専門家らと同様、国防総省の作戦立案者らは、新型コロナをめぐって二重の困難に直面し、軍内で依然、猛威を振るう新型コロナへの対応に追われる一方で、いずれ必ず訪れるロックダウン解除後に備えておく必要がある。

 新型コロナが全ての大陸、海上交通路に拡大し、計画中の主要軍事演習が、縮小または中止を余儀なくされている。しかし、米軍はオーストラリアの沿岸やデンマークの上空などで、慎重かつ着実に平時の活動に戻す取り組みを始めている。

 ハワイの太平洋艦隊が、隔年で実施している多国間軍事演習リムパックは今年は・・・

(残り717文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース