トランプ氏、経済を再開した場合に失われる命も幾らかあるだろう

(2020年5月14日)
Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump participates in a tour of a Honeywell International plant that manufactures personal protective equipment, Tuesday, May 5, 2020, in Phoenix. (AP Photo/Evan Vucci) By David Sherfinski – The Washington Times – Wednesday, May 6, 2020

 トランプ大統領は、メディアとのインタビューで、国内の活動をさらに再開すれば、新型コロナウイルスによる死者が増加することはありうるとの考えを示した。

 トランプ氏はABCニュースとのインタビューで「いくらかはありうる。ずっとアパートや自宅などに閉じこもっているわけではないのだから」と述べた。インタビューの一部は6日朝、放映された。

 「しかし同時に、社会的距離が取られている。手を洗っている。この間に習得したさまざまなことを実行している」

 トランプ氏は、自殺や薬物乱用によっても死者は出ていると指摘、・・・

(残り403文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース