国防相総省は新型コロナウイルスの第2波に備えて準備中

(2020年5月16日)

Defense Secretary Mark Esper speaks by video teleconference from U.S. Northern Command in Colorado Springs, Colo., on Thursday, May 7, 2020, with military medical specialists at civilian hospitals in New York and Connecticut. (AP Photo/Robert Burns)


By Mike Glenn – The Washington Times – Friday, May 8, 2020

 マーク・エスパー米国防長官は、3月以来初めて首都ワシントン以外の地を訪問し、同省は新型コロナウイルスの世界的感染拡大に長期にわたって立ち向かう準備ができていると述べた。

 「第2波やそれ以降の波に備える準備をしている。このウイルスの状況が今後がどうなるかは分からない。だから医療の専門家から意見を聞いている」。エスパー氏は最近、コロラド州コロラドスプリングスにある米北軍司令部を訪問した際に記者団に語った。

 国防総省の研究者は、・・・

(残り682文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース