ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年5月18日)

In this March 27, 2020, file photo, White House trade adviser Peter Navarro, who will now serve as national defense production act policy coordinator, left, speaks about the coronavirus as President Donald Trump listens, in the James Brady Press Briefing Room in Washington. Navarro’s eagerness to confront, attack and be, as one former associate put it, “a real jerk to people” didn’t serve him well as a political candidate in the 1990s. But it fits what Trump was looking for to muscle companies to make critical supplies needed to fight the coronavirus. (AP Photo/Alex Brandon, File)


By David Sherfinski – The Washington Times – Monday, May 11, 2020

 ホワイトハウスのピーター・ナヴァロ米通商担当大統領補佐官は11日、前日の議論を経済的な「傷のなめ合い」だと退け、新型コロナウイルスの感染拡大の中、米国は大恐慌に直面していないと述べた。

 ナヴァロ氏は「フォックス&フレンズ」に出演し、「これは大恐慌ではない。そう考える人たちは、歴史と経済学を理解していない」と述べた。

 新型コロナが経済に大打撃を与えていることで、・・・

(残り335文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース