バイデン氏の対中国政策

(2020年5月20日)

In this Tuesday, Jan. 7, 2020, file photograph, presumptive Democratic presidential nominee Joe Biden gestures during a foreign policy statement in New York. (AP Photo/File, Richard Drew)


By THE WASHINGTON TIMES – – Sunday, May 10, 2020

 ANALYSIS/OPINION:最近、ジョー・バイデン前副大統領の話はあまり聞かない。彼はこれから、トランプ大統領と対戦すると、皆が思っている人物である。

 彼は、わずか約8週間前に、バーモント州選出の上院議員、バーニー・サンダース氏を選挙戦から追い落として以来、新型コロナウイルス感染拡大のおかげで極めて目立たないでいられた。

 彼にできる唯一のことは、長くじっとしていることである。一部の人々、特に(トランプ)「抵抗勢力」の一部である民主党員らは、選挙がもっぱらトランプ大統領の話題で持ち切りになるように、バイデン氏に姿を消していてほしいと思っているかもしれないのだ。

 しかし、現実生活においては、しばらくの間、目にしない人に投票することはないだろう――もっとも、そういうことがあったらの話だが。

 彼は有権者に、彼が時局の問題では、どの立場の人か、大統領執務室に次に入りたいと思っている人間が、ほかの人と、どんな違ったことをしようと思っているかを知らせなければならないのだ。

 バイデン氏は何よりもまず、・・・

(残り1088文字)

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース