バイデン氏の対中国政策

(2020年5月20日)

In this Tuesday, Jan. 7, 2020, file photograph, presumptive Democratic presidential nominee Joe Biden gestures during a foreign policy statement in New York. (AP Photo/File, Richard Drew)


By THE WASHINGTON TIMES – – Sunday, May 10, 2020

 ANALYSIS/OPINION:最近、ジョー・バイデン前副大統領の話はあまり聞かない。彼はこれから、トランプ大統領と対戦すると、皆が思っている人物である。

 彼は、わずか約8週間前に、バーモント州選出の上院議員、バーニー・サンダース氏を選挙戦から追い落として以来、新型コロナウイルス感染拡大のおかげで極めて目立たないでいられた。

 彼にできる唯一のことは、長くじっとしていることである。一部の人々、特に(トランプ)「抵抗勢力」の一部である民主党員らは、選挙がもっぱらトランプ大統領の話題で持ち切りになるように、バイデン氏に姿を消していてほしいと思っているかもしれないのだ。

 しかし、現実生活においては、しばらくの間、目にしない人に投票することはないだろう――もっとも、そういうことがあったらの話だが。

 彼は有権者に、彼が時局の問題では、どの立場の人か、大統領執務室に次に入りたいと思っている人間が、ほかの人と、どんな違ったことをしようと思っているかを知らせなければならないのだ。

 バイデン氏は何よりもまず、・・・

(残り1088文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース