テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年5月22日)

Photo by: Rahmat Gul / Smokes rises from a maternity hospital, after gunmen attacked in Kabul, Afghanistan, Tuesday, May 12, 2020. Gunmen stormed the hospital in the western part of Kabul on Tuesday, setting off a shootout with the police and killing several people. (AP Photo/Rahmat Gul)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, May 13, 2020

 トランプ政権は、アフガニスタンでの恒久的な停戦を望んでいるが、今週に入ってその期待はしぼんできている。首都カブールで産科病院が襲撃を受けるという衝撃的な事件が起き、アフガン政府当局者らは、反政府組織タリバンとの和平への取り組みを完全に放棄したと断言した。

 タリバンは、襲撃事件への関与を否定した。この事件で、少なくとも2人の新生児を含む24人が死亡、アフガンの指導者らは13日にタリバンへの軍事攻撃を再開することを表明した。ハムドゥラ・モヒブ国家安全保障補佐官は、和平交渉を継続する「意味はほとんどない」と主張した。

 和平交渉開始後もアフガン政府はタリバンを激しく非難してきたが、モヒブ氏は、タリバンなどの組織は戦略的に、他の組織に攻撃を「請け負わせて」、連続している流血事件への関与の指摘をうまくかわしてきたと主張した。

 産科病院襲撃の日、ナンガルハル州で行われていた葬儀で自爆テロが起き、26人が死亡、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 アナリストらは、この二つの事件などテロが増加していることについて、・・・

(残り2399文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)
→その他のニュース