大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年5月25日)

Photo by: Alex Brandon / White House senior adviser Kevin Hassett speaks with reporters at the White House, Thursday, May 14, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By David Sherfinski – The Washington Times – Monday, May 18, 2020

 ケビン・ハセット米大統領上級顧問は18日、2021年末までに経済は本格的に復活するはずだと述べた。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長も最近、回復の時期についての見方を明らかにしている。

 ハセット氏によると、直近の経済指標はすでに、連邦政府による追加の救済策が必要なくなるかもしれない水準にまで好転している。

 ハセット氏はCNBCで「活動が活発化しているように私には見える。第3四半期、第4四半期に間違いなくかなり強くなり、来年は素晴らしい1年になるだろう」と述べた。

 その上で「パウエル氏のように、完全に回復するには2021年の末までかかるとは思っていない」と主張した。

 ハセット氏はさらにこの日朝、記者団に対し、・・・

(残り577文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース