公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年5月26日)


 ANALYSIS:司法省が2018年7月、トランプ陣営元スタッフ、カーター・ペイジ氏に対する連邦捜査局(FBI)の通信傍受令状の申請書を大幅に黒塗りされた状態で公表したとき、メディアは全般的にトランプ大統領の対応をこき下ろした。

 しかし、後に公開された公文書に基づきワシントン・タイムズ紙が分析したところ、トランプ氏の主張の多くは正しかったことが分かった。

 トランプ氏の主張は今になって妥当性が高まっている。サウスカロライナ州選出で共和党のリンゼー・グラハム上院議員は、FBIによるロシア疑惑の調査について6月に広範囲の公聴会を開催すると発表した。主要なテーマの1つは、今では疑問符が付けられたFBIによる外国情報監視法(FISA)令状だ。

 要約すると、公表された申請書は、裁判所がペイジ氏に対する4回にわたる3カ月の監視を承認する「相当な理由」がある証拠として、FBIが民主党とヒラリー・クリントン元国務長官からの資金提供によって作成されたスティール文書に依存していたことを示している。

 カリフォルニア州選出で当時、・・・ (残り1667文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース