公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年5月26日)


ANALYSIS:司法省が2018年7月、トランプ陣営元スタッフ、カーター・ペイジ氏に対する連邦捜査局(FBI)の通信傍受令状の申請書を大幅に黒塗りされた状態で公表したとき、メディアは全般的にトランプ大統領の対応をこき下ろした。

→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


EU、バイデン氏歓迎の一方で難しい課題も

(2021年02月27日)

バイデン氏、1兆9000億㌦コロナ経済対策の減額受け入れの用意

(2021年02月26日)

バイデン大統領、パリ協定に復帰

(2021年02月25日)

民主、黒人への賠償法案に意欲

(2021年02月24日)

レストラン経営者、コロナ経済対策による賃金上昇を懸念

(2021年02月23日)

バイデン氏、グアンタナモ収容所閉鎖へ検討命じる

(2021年02月22日)

国防総省、対中タスクフォースは永続的なものとしては想定していない

(2021年02月21日)

「今は来るべき時ではない」ホワイトハウスが移民に呼び掛け

(2021年02月20日)

バイデン政権は中国の米大学浸透をどのように容認しているか

(2021年02月19日)

バイデン政権、中国の脅威に対抗するため国防総省に「タスクフォース」

(2021年02月18日)
→その他のニュース