中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年5月28日)

Photo by: Susan Walsh / “I would like to get along with China if we can, and if we can, that’s great. If we can’t, that’s OK, too,” President Trump said about U.S. diplomatic relations with China and Chinese President Xi Jinping. (Associated Press)


By Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, May 19, 2020

 米国務省は19日、イランの航空会社がベネズエラから金を密輸し、国連に制限されているミサイルと核関連物資をイランに輸送するのを助けたと中国を非難、上海を拠点とする企業が、この航空会社の不正行為を支援していると訴えた。

 ポンペオ国務長官は声明で、「マハン航空はイラン・イスラム共和国のために世界中の武器やテロリストを運んでいる。マハン航空を支援する国は減少しているが、中華人民共和国はそのような国の中の一つだ」と述べた。

 ポンペオ氏は「このような協力は重大な結果を生む」と述べるとともに、国務省と財務省が「上海セント・ロジスティクス・リミテッド」をブラックリストに載せて米国の銀行取引から排除する措置を取り、同社と取引のあることが明らかになった企業には制裁を科すと発表した。

 上海セント・ロジスティクスは、・・・

(残り634文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース