「ビックバン2021」トランプ氏、有権者に経済復活をアピール

(2020年6月2日)

In this May 19, 2020, file photo President Donald Trump speaks with reporters after meeting with Senate Republicans at their weekly luncheon on Capitol Hill in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky, File)


By Jill Colvin and Zeke Miller – Associated Press – Sunday, May 24, 2020

 ドナルド・トランプ米大統領は、今秋の大統領選に向け有権者に次のような新たな売り込みをしている。「私を信じてほしい」

 経済が1世紀に1度の不況に直面し、3800万人以上が失業する中、トランプ氏は11月の選挙前には実現しないと思われる将来の景気回復について語り始めた。トランプ氏は有権者に、全国に広がる痛みに目を向けるのではなく、2021年の経済復活の約束に基づいてさらに4年間の任期を与えるよう求めている。

 トランプ氏は「それは偉大さへの過渡期だ」と何度も述べ、経済の急成長が秋に訪れると予測した。「第4四半期(10月~12月)には素晴らしい数字が見られる。そして、来年は素晴らしい年になるだろう」

 ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長は、来年まで待つ姿勢に呼応し、「ビッグバン2021」への希望を示した。

 トランプ氏は、新型コロナの世界規模の感染拡大が米国を圧倒するずっと前に、・・・

(残り1678文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース