米大統領選激戦州で対中国政策がトランプ氏の強みに

(2020年6月5日)

Photo by: Matt Rourke / It’s campaign rally season. President Trump shares a moment with the crowd during a recent campaign rally in Hershey, Pennsylvania. (Associated Press)


By Dave Boyer – The Washington Times – Wednesday, May 27, 2020

 米大統領選の激戦9州の有権者は、新型コロナウイルス危機の責任を中国に取らせることについて、民主党候補指名を確実にしているバイデン前副大統領よりトランプ大統領を信頼し、また、パンデミックに関連する訴訟から中小企業を守る共和党の提案を大多数が支持している。ワシントン・タイムズ紙が独占入手した世論調査結果で明らかになった。

 トランプ氏が今週、香港弾圧に対し中国への制裁を検討する中、非営利組織「米国第一政策」が行った世論調査によると、これらの重要な激戦州では有権者の57%がコロナウイルスを拡散させた責任で中国を罰することに賛成している。

 ウイルスは米国民10万人に死をもたらし、米経済を打ちのめした。「米国第一政策」は、トランプ氏のアジェンダと一致する政策を推進しており、親トランプのスーパーPAC(政治活動委員会)「米国第一アクション」の関連団体だ。

 トランプ氏の方がバイデン氏より中国に立ち向かい、ウイルス拡散の責任を取らせることができると答えた有権者は50%で、33%のバイデン氏を17ポイントもリードした。有権者の4分の3が中国に否定的な見方を示した。

 トランプ陣営は、・・・

(残り924文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース