経済再開へ、抗議デモで感染再燃も

(2020年6月6日)

Photo by: Robert F. Bukaty / Demonstrators gather at a rally to peacefully protest and demand an end to institutional racism and police brutality, Wednesday, June 3, 2020, in Portland, Maine. (AP Photo/Robert F. Bukaty)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Wednesday, June 3, 2020

 新型コロナウイルスの感染拡大は、複雑で難しい段階に向かっている。各州は、経済と人と人との交流が再開された場合の再発の防止に取り組み、病院が予期しない感染の増加に対処することが期待されている。

 最悪の感染拡大に見舞われているニューヨーク市の対応は順調だが、カリフォルニア、テキサス州の一部で感染の増加が報告されている。ミネソタ州のミネアポリス-セントポール地域の病院は、感染者であふれ、ジョージ・フロイドさん死亡による抗議デモを受けて感染が急増するのではないかと懸念されている。

 デモ参加者らの多くは若く、発症しにくいものの、デモや集会中に感染し、すでに感染の影響を受けている少数派地域で感染が進むリスクが、科学者らの間で指摘されている。

 十数州で新規感染者が拡大している。検査の増加も一因だが、感染が拡大しやすい刑務所や食肉加工工場がある地方ではクラスター(感染者集団)が発生している。

 感染者の総数は200万人に近づき、今年に入って急増した感染拡大を抑制するための複雑な対応を迫られている。

 ハーバード大学の疫学准教授ウィリアム・ハナージ氏は、・・・

(残り683文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース