経済再開へ、抗議デモで感染再燃も

(2020年6月6日)

Photo by: Robert F. Bukaty / Demonstrators gather at a rally to peacefully protest and demand an end to institutional racism and police brutality, Wednesday, June 3, 2020, in Portland, Maine. (AP Photo/Robert F. Bukaty)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Wednesday, June 3, 2020

 新型コロナウイルスの感染拡大は、複雑で難しい段階に向かっている。各州は、経済と人と人との交流が再開された場合の再発の防止に取り組み、病院が予期しない感染の増加に対処することが期待されている。

 最悪の感染拡大に見舞われているニューヨーク市の対応は順調だが、カリフォルニア、テキサス州の一部で感染の増加が報告されている。ミネソタ州のミネアポリス-セントポール地域の病院は、感染者であふれ、ジョージ・フロイドさん死亡による抗議デモを受けて感染が急増するのではないかと懸念されている。

 デモ参加者らの多くは若く、発症しにくいものの、デモや集会中に感染し、すでに感染の影響を受けている少数派地域で感染が進むリスクが、科学者らの間で指摘されている。

 十数州で新規感染者が拡大している。検査の増加も一因だが、感染が拡大しやすい刑務所や食肉加工工場がある地方ではクラスター(感染者集団)が発生している。

 感染者の総数は200万人に近づき、今年に入って急増した感染拡大を抑制するための複雑な対応を迫られている。

 ハーバード大学の疫学准教授ウィリアム・ハナージ氏は、・・・

(残り683文字)

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース