トランプ推しの経済政策の広告キャンペーン、民主党が強いラストベルト3州で

(2020年6月8日)

Photo by: Alex Brandon / President Donald Trump, accompanied by first lady Melania Trump, gives thumbs up as they walk to depart on Marine One from the South Lawn of the White House, Monday, May 25, 2020, in Washington. Trump is en route to Fort McHenry National Monument and Historic Shrine, in Baltimore, for a Memorial Day ceremony. (AP Photo/Alex Brandon)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, June 4, 2020

 トランプ米大統領を支持するスーパーPAC「アメリカ・ファースト・アクション」が、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンの各激戦州でジョー・バイデン氏の「悲惨な」経済政策を標的にした750万ドル規模の広告作戦を開始した。

 アメリカ・ファースト・アクションのブライアン・ウォルシュ会長は「ジョー・バイデンは何十年もの間、何十万人ものブルーカラー労働者の仕事を犠牲にして中国とグローバルリストの要求に応じてきた」と指摘。「わが国が回復に向けて動き始めている今、米国人はジョー・バイデンの失敗や経済経験の欠如、急進左派への媚びへつらいを受け入れる余裕はない」と主張した。

 ウォルシュ氏は、トランプ氏が・・・

(残り588文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース