米、ISとの戦い継続を同盟国に要請

(2020年6月9日)

Photo by: Nicholas Kamm / Secretary of State Mike Pompeo pleaded Thursday for allies to pledge toward a goal of over $700 million in the fight against the Islamic State. (ASSOCIATED PRESS)


By Guy Taylor and Lauren Meier – The Washington Times – Thursday, June 4, 2020

 トランプ政権は同盟国に、世界での過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いへの資金を増額するよう同盟国に要請、米軍は前線から後退しているが、イラクではISの残党との戦いが続き、依然として支援が必要だと訴えた。

 この要請は、ポンペオ国務長官が4日に米国とイタリアが共催したオンラインでの対IS連合会議で行ったもの。世界経済は現在、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響への対応に追われている。新型コロナによって世界で650万人以上が感染、約38万7000人が死亡した。

 ポンペオ氏は会議に参加した31カ国の代表に「パンデミックによってすべての国が経済的に大きな圧力を受けていることは確かだ。しかし、2020年に7億ドル以上という目標を果たすと約束してほしい」と訴えた。・・・

(残り912文字)

Trump Central Review【定期購読】


トランプ氏、イスラエル・アラブ2か国の歴史的合意を自賛

(2020年09月22日)

トランプ陣営、ミネソタ州で1972年以来の勝利も視野に

(2020年09月21日)

歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)
→その他のニュース