トランプ氏、国際的信教の自由に関する大統領令ら署名

(2020年6月10日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump visits Saint John Paul II National Shrine with first lady Melania Trump, Tuesday, June 2, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Christopher Vondracek – The Washington Times – Tuesday, June 2, 2020

 トランプ大統領は2日、信教の自由を外交戦略の一環として重視することを目指す大統領令に署名した。この戦略のもとで全公務員は「国際的な信教の自由の訓練」を受けることが求められる。

 大統領令は、宗派への攻撃を阻止し、教会や礼拝所などの警備を強化することによって国際的な信教の自由を促進するために年間5000万ドルの予算を確保することを求めている。

 「信教の自由は、米国にとって第一の自由だ。道徳的義務であり、国家安全保障にとって欠くことはできない。世界中のすべての人々の信教の自由は、米国の外交政策の優先事項であり、米国はこの自由を尊重し、強く推進する」と大統領令には記されている。

 ポンペオ国務長官率いる国務省は、・・・

(残り860文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース