前大統領首席補佐官代行、教会訪問はまさに「トランプ流」

(2020年6月11日)

White House acting Chief of Staff Mick Mulvaney announces that the G-7 will be held at Trump National Doral, Thursday, Oct. 17, 2019, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By David Sherfinski – The Washington Times – Wednesday, June 3, 2020

 前大統領首席補佐官代行のミック・マルバニー氏は3日、トランプ大統領が1日、徒歩でセント・ジョーンズ教会を訪問したことについて、劇的であり、トランプ氏らしい行動だったと指摘、国民は今も、大統領が行動を改め、過激な言動を慎むよう求めているというのは事実ではないようだと主張した。

 マルバニー氏はCNBCで「これこそがトランプ流だ。町を取り戻したければ、暴動を終わらせたければ、…それをする力はあるというメッセージを送りたかったのだと思う」と述べた。・・・

(残り482文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース