マティス前国防長官、「成熟した指導者のいない3年間」とトランプ氏を攻撃

(2020年6月12日)

Photo by: Jacquelyn Martin / Then-Secretary of Defense James Mattis urged North Korea to “stand down its pursuit of nuclear weapons,” warning that continued efforts by Pyongyang would force a U.S. response “that would lead to the end of its regime and the destruction of its people. (AP Photo/Jacquelyn Martin, File)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, June 3, 2020

 トランプ大統領が「私の将官たち」と呼んだ人々の1人、マティス前国防長官は3日、最高司令官、トランプ大統領を攻撃し、米国は「成熟した指導者のいない3年間」という苦難を味わい、国の分断に積極的に取り組んできた大統領を相手にしていると述べた。

 マティス氏はアトランティック誌への長文の声明で、歯に衣着せぬ指摘をし、全米の抗議デモへの連邦政府による対応を「軍事化」することは危険であり、間違っており、軍への国民の信頼を損ねることになると主張した。大規模なデモは、黒人男性ジョージ・フロイドさんがミネアポリスで警官に押さえつけられ死亡するという先週の事件を受けて発生した。

 マティス氏は、平和的な抗議行動と、国の制度の改革を訴える一方で、元上司であるトランプ氏に対しては、厳しい言葉で非難した。・・・

(残り819文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース