マティス前国防長官、「成熟した指導者のいない3年間」とトランプ氏を攻撃

(2020年6月12日)

Photo by: Jacquelyn Martin / Then-Secretary of Defense James Mattis urged North Korea to “stand down its pursuit of nuclear weapons,” warning that continued efforts by Pyongyang would force a U.S. response “that would lead to the end of its regime and the destruction of its people. (AP Photo/Jacquelyn Martin, File)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, June 3, 2020

 トランプ大統領が「私の将官たち」と呼んだ人々の1人、マティス前国防長官は3日、最高司令官、トランプ大統領を攻撃し、米国は「成熟した指導者のいない3年間」という苦難を味わい、国の分断に積極的に取り組んできた大統領を相手にしていると述べた。

 マティス氏はアトランティック誌への長文の声明で、歯に衣着せぬ指摘をし、全米の抗議デモへの連邦政府による対応を「軍事化」することは危険であり、間違っており、軍への国民の信頼を損ねることになると主張した。大規模なデモは、黒人男性ジョージ・フロイドさんがミネアポリスで警官に押さえつけられ死亡するという先週の事件を受けて発生した。

 マティス氏は、平和的な抗議行動と、国の制度の改革を訴える一方で、元上司であるトランプ氏に対しては、厳しい言葉で非難した。・・・

(残り819文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース