リサ・マカウスキ・アラスカ上院議員、共和党離党しマティス発言を肯定

(2020年6月15日)

Sen. Lisa Murkowski, R-Alaska, listens to testimony by Dr. Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases, before the Senate Committee for Health, Education, Labor, and Pensions hearing, Tuesday, May 12, 2020, on Capitol Hill in Washington. (Toni L. Sandys/The Washington Post via AP, Pool)


By Lauren Meier – The Washington Times – Thursday, June 4, 2020

 米共和党のリサ・マカウスキ上院議員は4日、ジェームズ・マティス前国防長官が前日に発表した印象的な論説で、警察の残忍さへの全国的な抗議行動に対する対応が「軍国主義化」だとしてトランプ大統領を批判した後、トランプ氏を支持し続けるか「悩んでいる」と語った。

 トランプ氏がかつて英雄と呼んだ4つ星の退役海兵隊大将であるマティス氏は、3日に米誌「アトランティック」への寄稿で、トランプ氏について「私の生涯で米国人を団結させようとしないの最初の大統領だ。そのそぶりも見せない。その代わりに、われわれを分断しようとしている」と述べた。・・・

(残り520文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース