トランプ大統領に対するカトリックからの支持率が60%から37%に急落

(2020年6月16日)

President Donald Trump visits Saint John Paul II National Shrine with first lady Melania Trump, Tuesday, June 2, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Christopher Vondracek – The Washington Times – Friday, June 5, 2020

 全国規模の新たな世論調査によると、カトリック教徒のトランプ米大統領への支持は、高水準だった3月の60%から5月末には低水準まで急落した。

 公共宗教調査研究所(PRRI)が4日に発表した調査によると、トランプ氏の支持は3月と比べ23ポイント低下して37%になった。PRRIによると、「史上最も人工妊娠中絶反対派の大統領」としてよく宣伝されるトランプ氏は2019年にカトリック教徒から49%の支持を得ていたが、そこから「大幅に減少」することとなった。・・・

(残り445文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース