トランプ大統領に対するカトリックからの支持率が60%から37%に急落

(2020年6月16日)

President Donald Trump visits Saint John Paul II National Shrine with first lady Melania Trump, Tuesday, June 2, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Christopher Vondracek – The Washington Times – Friday, June 5, 2020

 全国規模の新たな世論調査によると、カトリック教徒のトランプ米大統領への支持は、高水準だった3月の60%から5月末には低水準まで急落した。

 公共宗教調査研究所(PRRI)が4日に発表した調査によると、トランプ氏の支持は3月と比べ23ポイント低下して37%になった。PRRIによると、「史上最も人工妊娠中絶反対派の大統領」としてよく宣伝されるトランプ氏は2019年にカトリック教徒から49%の支持を得ていたが、そこから「大幅に減少」することとなった。・・・

(残り445文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース