民主党のスーパーPAC、アリゾナ州でテレビ広告開始へ

(2020年6月17日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump speaks during a roundtable discussion with law enforcement officials, Monday, June 8, 2020, at the White House in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By David Sherfinski – The Washington Times – Tuesday, June 9, 2020

 民主党の有力スーパーPAC(政治活動委員会)「プライオリティーズUSAアクション」は9日、トランプ大統領を非難するテレビ広告をアリゾナ州にまで拡大することを明らかにした。最新の世論調査によると、アリゾナ州でのトランプ氏支持が弱まっている。

 プライオリティーズUSAによると、トランプ氏は、再選を左右するアリゾナ州の動向に神経質になっている。

 新たなテレビ広告は、新型コロナウイルスへの対応、ミネアポリスでのジョージ・フロイドさん死亡を受けた抗議デモをめぐってトランプ氏を非難するもので、アリゾナ、ウィスコンシン、ペンシルベニア、ミシガン州で放映される予定。・・・

(残り546文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース