トランプ氏、バイデン氏の弱点は失態、失言、物忘れ

(2020年6月23日)

Photo by: Matt Slocum / Democratic presidential candidate, former Vice President Joe Biden adjusts his mask during a roundtable on economic reopening with community members, Thursday, June 11, 2020, in Philadelphia. (AP Photo/Matt Slocum)


By Seth McLaughlin – The Washington Times – Sunday, June 14, 2020

 トランプ大統領は、バイデン前副大統領にはアキレス腱があり、それはバイデン氏自身だと確信している。

 第45代米大統領のトランプ氏と再選チームは、誰に投票するかを決めていない有権者のバイデン氏へのイメージを損ねるには、その姿を白日の下にさらすことが一番だと考えている。

 やり方はシンプルだ。バイデン氏がメディアの関心を集めれば、民主党の候補指名が確実なバイデン氏は、失態、失言、物忘れで自滅し、有権者は戸惑うことになる。

 ライス大の政治科学教授マーク・ジョーンズ氏は「バイデン氏が、地下室にこもって、メディアとの接触を大幅に制限したことでかなり得をしたことは事実だと思っている。今、バイデン氏の年齢は、ロナルド・レーガン氏が2期目の任期を終えた時とちょうど同じであり、認知能力が落ちていることは誰もが知っていると思う」と述べた。・・・

(残り1551文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース