米地裁、ボルトン氏回想録の差し止めを棄却

(2020年6月24日)

In this Feb. 19, 2020, file photo, former National Security Adviser John Bolton takes part in a discussion on global leadership at Vanderbilt University in Nashville, Tenn. On June 20, 2020, a federal judge turned down President Trump’s request for an injunction halting the sale of the book, due on bookstore shelves on Tuesday, June 23. (AP Photo/Mark Humphrey, File)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Saturday, June 20, 2020

 トランプ大統領は、来週のボルトン前大統領補佐官(安全保障担当)の回想録の出版を差し止めるよう求めたが、1人の判事がこれを棄却、政府は、出版されれば国の安全保障に取り返しのつかない被害を及ぼすことを立証しなかったと主張した。

 一方でこの判事は、安全保障をめぐる最終的な承認を得ずに出版すれば法的な手段に訴えられる可能性はあり、そうなれば、ボルトン氏は出版社から事前に受け取った200万ドルを失うことになると述べた。

 この判断を下したのは地裁判事ロイス・ランバース氏で、レーガン元大統領が指名した。ランバース氏は、トランプ政権が、ボルトン氏に対する差し止め命令の根拠を明確にしなかったと主張した。司法省は、国家安全保障と機密情報をめぐってこの著書を問題にしていたが、ボルトン氏は政府の審査をすり抜けようとしていると主張した。

 20日に発行された10ページの命令書には、・・・

(残り985文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース