米地裁、ボルトン氏回想録の差し止めを棄却

(2020年6月24日)

In this Feb. 19, 2020, file photo, former National Security Adviser John Bolton takes part in a discussion on global leadership at Vanderbilt University in Nashville, Tenn. On June 20, 2020, a federal judge turned down President Trump’s request for an injunction halting the sale of the book, due on bookstore shelves on Tuesday, June 23. (AP Photo/Mark Humphrey, File)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Saturday, June 20, 2020

 トランプ大統領は、来週のボルトン前大統領補佐官(安全保障担当)の回想録の出版を差し止めるよう求めたが、1人の判事がこれを棄却、政府は、出版されれば国の安全保障に取り返しのつかない被害を及ぼすことを立証しなかったと主張した。

 一方でこの判事は、安全保障をめぐる最終的な承認を得ずに出版すれば法的な手段に訴えられる可能性はあり、そうなれば、ボルトン氏は出版社から事前に受け取った200万ドルを失うことになると述べた。

 この判断を下したのは地裁判事ロイス・ランバース氏で、レーガン元大統領が指名した。ランバース氏は、トランプ政権が、ボルトン氏に対する差し止め命令の根拠を明確にしなかったと主張した。司法省は、国家安全保障と機密情報をめぐってこの著書を問題にしていたが、ボルトン氏は政府の審査をすり抜けようとしていると主張した。

 20日に発行された10ページの命令書には、・・・

(残り985文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


トランプ氏、イスラエル・アラブ2か国の歴史的合意を自賛

(2020年09月22日)

トランプ陣営、ミネソタ州で1972年以来の勝利も視野に

(2020年09月21日)

歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)
→その他のニュース