トランプ氏、選挙集会を再開「サイレントマジョリティーがかつてないほど強い」

(2020年6月25日)

Photo by: Sue Ogrocki / President Donald Trump speaks during a campaign rally in Tulsa, Okla., Saturday, June 20, 2020. (AP Photo/Sue Ogrocki)


By Dave Boyer – The Washington Times – Saturday, June 20, 2020

 トランプ大統領は再選キャンペーンを再開し、オクラホマ州で20日夜に行った復活集会で、歓声を上げる聴衆に「サイレントマジョリティー(物言わぬ多数派)がかつてないほど強くなっている」と訴えた。

 トランプ氏はタルサの空席が目立つBOKセンターで聴衆を前に「今から5カ月後に、スリーピー・ジョー(寝ぼけたジョー)バイデンを破る。過激な左派を止める」と述べた。

 トランプ氏は、民主党の大統領候補指名が確実のバイデン前副大統領を、「かなり熱心な社会主義のトロイの木馬」であり、黒人への連帯は偽善的と非難した。

 「米国は、ジョー・バイデンの人種間の平等に関する話に耳を傾けるべきでない。人種隔離主義者を称え、何百万もの黒人らの雇用、そのほかのあらゆる雇用を海外に出してきた。バイデンは、多くの人々を人種差別主義者と中傷している。人種差別主義者という点ではバイデンらも同様だ。人種間の平等は、バイデンの公職からの引退で始まる」

 会場のタルサは、1921年に大規模な黒人虐殺事件が起きた場所。・・・

(残り2085文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース