トランプ氏、選挙集会を再開「サイレントマジョリティーがかつてないほど強い」

(2020年6月25日)

Photo by: Sue Ogrocki / President Donald Trump speaks during a campaign rally in Tulsa, Okla., Saturday, June 20, 2020. (AP Photo/Sue Ogrocki)


By Dave Boyer – The Washington Times – Saturday, June 20, 2020

 トランプ大統領は再選キャンペーンを再開し、オクラホマ州で20日夜に行った復活集会で、歓声を上げる聴衆に「サイレントマジョリティー(物言わぬ多数派)がかつてないほど強くなっている」と訴えた。

 トランプ氏はタルサの空席が目立つBOKセンターで聴衆を前に「今から5カ月後に、スリーピー・ジョー(寝ぼけたジョー)バイデンを破る。過激な左派を止める」と述べた。

 トランプ氏は、民主党の大統領候補指名が確実のバイデン前副大統領を、「かなり熱心な社会主義のトロイの木馬」であり、黒人への連帯は偽善的と非難した。

 「米国は、ジョー・バイデンの人種間の平等に関する話に耳を傾けるべきでない。人種隔離主義者を称え、何百万もの黒人らの雇用、そのほかのあらゆる雇用を海外に出してきた。バイデンは、多くの人々を人種差別主義者と中傷している。人種差別主義者という点ではバイデンらも同様だ。人種間の平等は、バイデンの公職からの引退で始まる」

 会場のタルサは、1921年に大規模な黒人虐殺事件が起きた場所。・・・

(残り2085文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース