米大手ハイテク企業の保守派に対する偏向を追及する共和党

(2020年6月26日)

Photo by: Tom Williams / Sen. Ted Cruz, R-Texas, asks a question during a Senate Judiciary Committee hearing on police use of force and community relations on Capitol Hill, Tuesday, June 16, 2020, in Washington. (Tom Williams/CQ Roll Call/Pool via AP)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, June 17, 2020

 米共和党の議員は17日、グーグルやその他のソーシャルメディア企業の保守派に対する偏向と戦うことを目的とした法案を提出した。

 共和党の上院議員が提出した法案は、大手ハイテク企業から法的責任の免除を剥奪し、不公平な扱いをした企業に5000㌦の罰金を科すというものだ。

 もう一つの一撃は、テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)がグーグルに送った書簡だ。グーグルは保守系サイト「ザ・フェデラリスト」に対し、その内容をめぐって処罰すると脅迫しているが、クルーズ氏はこれが実施された場合の影響を警告した。

 クルーズ氏の書簡と提出された法案は、通信品位法230条に照準を当てたものだ。同条は、利用者がサイトに投稿した内容に対する法的責任からインターネット企業を長らく守ってきた。・・・

(残り1083文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース