独占記事:トランプ「バイデンはヒラリーよりもぜい弱だ」、力強い経済回復の中で

(2020年6月27日)

In this May 11, 2020, file photo, President Donald Trump points to a question as he speaks about the coronavirus during a press briefing in the Rose Garden of the White House in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, June 18, 2020

 トランプ大統領は18日、ワシントン・タイムズ紙とのインタビューで、ジョー・バイデン前副大統領がヒラリー・クリントン元国務長官よりもぜい弱な大統領候補だと指摘。しかし、民主党はトランプ氏に勝つため「必死になっている」とし、力強い経済回復や連邦最高裁へ保守系判事をさらに送り込むことを頼みにしていると語った。

 バイデン氏との争いを2016年のクリントン氏と比べどう評価するかと尋ねられ、トランプ氏は「彼はもっとぜい弱だ。しかし、党組織はより手ごわい。彼らは必死になっているからだ」と答えた。

 トランプ氏は、各州が新型コロナウイルスによる経済閉鎖から再開に動く中、5月に雇用や小売売上高が述べたことを指摘し、経済は自身が11月に勝利するための「より良い足場」になるだろうと述べた。

 「選挙まであと4カ月ある」。トランプ氏は・・・

(残り2617文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース