共和党議員ら、ドイツ駐留米軍削減の見直しをトランプ氏に要求

(2020年7月1日)

Photo by: J. Scott Applewhite / Rep. Michael McCaul, R-Texas, the ranking member of the House Foreign Affairs Committee, is joined at left by Chairman Eliot Engel, D-N.Y., during a hearing on Capitol Hill in Washington, Wednesday, Oct. 23, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Lauren Meier – The Washington Times – Tuesday, June 23, 2020

 下院外交委員会の6人の共和党議員が、ドイツ駐留米軍の削減を考え直すようトランプ大統領に求め、削減が実行されれば、北大西洋条約機構(NATO)が長い間維持してきた中国とロシアに対する抑止力を損なうことになると訴えた。

 トランプ氏は今月に入って、9月までに数千人の兵力を削減するよう命じた。専門家は、実施されれば、歴史的な米国とドイツとの関係に重大な影響を及ぼす可能性があると警告している。

 トランプ氏はその後、削減幅をさらに拡大、ドイツがNATOへの予算を増額し、貿易で米国をもっと公正に扱わなければ、駐留米軍を半減させる用意があると記者団に語った。

 ワシントン・タイムズが23日に入手した新たな書簡によると、・・・

(残り794文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


トランプ氏、イスラエル・アラブ2か国の歴史的合意を自賛

(2020年09月22日)

トランプ陣営、ミネソタ州で1972年以来の勝利も視野に

(2020年09月21日)

歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)
→その他のニュース