オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年7月4日)

President Donald Trump and National Security Adviser Robert C. O’Brien talk with reporters before boarding Air Force One in Los Angeles. (AP Photo/Evan Vucci, FILE)


By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, June 24, 2020

 中国の指導者をおだてることで中国共産主義体制を近代化させるという過去数十年間の政策は裏目に出て、「1930年代以降で米国の外交政策で最大の失敗」に終わった。トランプ米大統領の国家安全保障問題担当補佐官は24日の演説でこう主張した。

 ホワイトハウスのロバート・オブライエン大統領補佐官は、この失敗は中国の指導者を今日まで導いてきたマルクス・レーニン主義の本質を見誤った結果だと述べた。

 トランプ政権は、従来の対中政策は、中国がデータと技術の大規模な窃盗を行い、融和的な米国の貿易政策を利用してきたことを黙認していたと非難。これまでの対中政策の転換に動き出した。

 「中国に対して米国が受動的で未熟であった時代は終わった」。オブライエン氏は、共和党のダグ・デューシー・アリゾナ州知事からの紹介を受け、同州商工会議所の企業幹部を前に演説した。

 米政府の高官たちは中国の脅威を詳細に説明する一連のスピーチを計画しているが、オブライエン氏の長時間の中国批判は、その最初のものである。他にはマイク・ポンぺオ国務長官、ウィリアム・バー司法長官、連邦捜査局(FBI)クリストファー・レイ長官が講演する予定だ。

 オブライエン氏は24日、・・・

(残り6662文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース