バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年7月9日)

Photo by: Steve Helber / Protesters with shields and gas masks wait for police action as they surround the statue of Confederate Gen. Robert E. Lee on Monument Avenue, Tuesday, June 23, 2020, in Richmond, Va. The state has ordered the area around the statue closed from sunset to sunrise. (AP Photo/Steve Helber)


By Dave Boyer – The Washington Times – Tuesday, June 30, 2020

 バイデン前副大統領は30日、3カ月間で初めて記者団の前に現れ、南部連合の像を引き倒す暴徒らの言い分を認め、南北戦争の記念碑とその他の記念碑を破壊することは違うとの見方を示した。

 民主党の大統領指名を確実にしている77歳のバイデン氏はまた、認知能力低下の検査を「常に受けて」おり、秋の3回の討論会でトランプ大統領と知恵比べをするのが楽しみだと話した。

 バイデン氏はデラウェア州ウィルミントンで記者らを前に「常に検査を受けている。私を見れば、すべて分かるはずだ。対立候補と認知能力を比較するのが待ち遠しい」と述べた。

 人種間の不公平をめぐる抗議デモが全国で発生し、歴史的記念碑が破壊されていることについて、南部連合の人物の像が引き倒されているのは、犯罪者らのせいではなく、地元の当局者らのせいだと指摘、選挙で選出された当局者らが「責任を持って」、人種差別を理由に批判を浴びている記念碑を博物館に移動させるべきだと主張した。

 バイデン氏は「アフリカ系の人々が長年、ロバート・リーの像のもとで感じてきた、怒り、苦悩が私には分かる」と述べたうえで、南部連合の人物の像を引き倒すような行動は、トマス・ジェファーソン、エイブラハム・リンカーンの像を引き倒すのとは「根本的に違う」と訴えた。

 また、破壊行為を・・・

(残り4331文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース