バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年7月9日)


 バイデン前副大統領は30日、3カ月間で初めて記者団の前に現れ、南部連合の像を引き倒す暴徒らの言い分を認め、南北戦争の記念碑とその他の記念碑を破壊することは違うとの見方を示した。

 民主党の大統領指名を確実にしている77歳のバイデン氏はまた、認知能力低下の検査を「常に受けて」おり、秋の3回の討論会でトランプ大統領と知恵比べをするのが楽しみだと話した。

 バイデン氏はデラウェア州ウィルミントンで記者らを前に「常に検査を受けている。私を見れば、すべて分かるはずだ。対立候補と認知能力を比較するのが待ち遠しい」と述べた。

 人種間の不公平をめぐる抗議デモが全国で発生し、歴史的記念碑が破壊されていることについて、南部連合の人物の像が引き倒されているのは、犯罪者らのせいではなく、地元の当局者らのせいだと指摘、選挙で選出された当局者らが「責任を持って」、人種差別を理由に批判を浴びている記念碑を博物館に移動させるべきだと主張した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース