米司令官、シナ海の空母航行は中国へのメッセージ

(2020年7月11日)


 領有権が争われている南シナ海を航行する海軍の空母2隻の司令官は、この海の自由を守るための作戦を遂行していることを明らかにした。

 空母ニミッツが率いる打撃群の司令官、ジム・カーク少将は、東アジアの海域で行われている空母2隻による作戦は、「必要な時に、比類なき柔軟さで対応できる」ようにするためのものと述べた。

 カーク氏は中国を視野に「この訓練によって、この地域の防空は強化され、この地域の安定を脅かすものに対処するための作戦範囲は拡大される」と説明した。

 中国は、南シナ海の90%の領有を主張しているが、米国やこの地域の国々はこの主張を拒否している。

 今週、ニミッツと空母ロナルド・レーガンの艦載機が飛行訓練を実施した。2隻の打撃群には、6隻の誘導ミサイル搭載駆逐艦が加わっている。

 カーク氏によると、2個空母航空団はこれまで、この海域で、同盟国を支援するための作戦の中で何百回ものソーティー(述べ出撃数)をこなしてきた。

 レーガン率いる打撃群のジョージ・ウィコフ少将は、・・・ (残り1984文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース