米国民の多くがロシアの懸賞金報道は事実と考え、半数が制裁を支持

(2020年7月14日)

In this June 10, 2017, file photo provided by Operation Resolute Support, U.S. soldiers with Task Force Iron maneuver an M-777 howitzer, so it can be towed into position at Bost Airfield, Afghanistan. Moscow and Washington are intertwined in a complex and bloody history in Afghanistan, with both suffering thousands of dead and wounded in conflicts lasting for years. Now both superpowers are linked again over Afghanistan, with intelligence reports indicating Russia secretly offered bounties to the Taliban to kill American troops there. (U.S. Marine Corps photo by Sgt. Justin T. Updegraff, Operation Resolute Support via AP, File)


By Lauren Meier – The Washington Times – Wednesday, July 8, 2020

 大部分の米国人は、ロシアが昨年、アフガニスタンで米兵に懸賞金を掛けていたと考え、過半数がロシア政府への制裁を支持していることが、8日に公表された最新のロイター/イプソスの調査で明らかになった。

 調査は、米情報機関が数カ月前、ロシア軍の工作員が反政府勢力タリバンの民兵らに懸賞金を提供したと結論付けていたという報道を受けて6日、7日に実施された。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、トランプ大統領はこの件について説明を受け、3月末に国家安全保障会議(NSC)で会合が開かれた。トランプ氏は、この報道について説明を受けていなかったと主張している。

 最新の調査によると、米国民の60%が、・・・

(残り720文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)
→その他のニュース