バイデン氏、経済計画を発表、トランプ減税廃止、巨額税支出へ

(2020年7月16日)

Photo by: Matt Slocum / Democratic presidential candidate former Vice President Joe Biden speaks at McGregor Industries in Dunmore, Pa., Thursday, July 9, 2020. (AP Photo/Matt Slocum)


By Gabriella Munoz and S.A. Miller – The Washington Times – Thursday, July 9, 2020

 ジョー・バイデン前副大統領は、大統領選に向け、大規模な増税と支出を伴う経済政策によって左傾化を強めた。民主党に長年貢献してきたバイデン氏は、米国史上最も左寄りの主要政党候補に自らを位置づけることとなった。

 バイデン氏は、米国の財とサービスを購入し、ハイテク研究開発を支援し、インフラを構築し、職業訓練を提供し、マイノリティーの高等教育に資金を提供するため、連邦政府が多額の支出をするべきだと主張した。

 バイデン氏は、この計画は3つの危機(新型コロナウイルスの大流行、その結果としての経済の低迷、人種的正義をめぐる騒乱)をより良い米国を再建する機会に変えると語った。・・・

(残り3382文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース