抗議デモを許容した政治家の信頼揺らぐ

(2020年7月17日)

Photo by: Clarence Tabb Jr. / Michigan Gov. Gretchen Whitmer, center, marches with others, on Woodward during a rally in Highland Park, Thursday, June 4, 2020, in honor of George Floyd, a man who died last week while being arrested by Minneapolis police. (Clarence Tabb, Jr./Detroit News via AP)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, July 8, 2020

 シアトル市当局は数百人のデモ隊がカル・アンダーソン公園を含むキャピトルヒルの6区画を3週間にわたって占領することを許した。だが、シェラ・サドブニクさんは依然、自分の子供を地元の公園に連れて行くことが許されていない。

 「どうもうちの子は(デモ隊より)ずっと危険なようだ」。シアトルを拠点に「自由財団」の弁護士をしているサドブニクさんは語った。「法を順守するすべての人々はあらゆる規制の対象になるが、抗議や略奪、暴動を起こす人たちはOKだという。この人たちは、新型コロナウイルスを拡散させないらしい」

 ミネアポリス警察の拘束中にジョージ・フロイドさんが死亡した事件を受けて発生した大規模デモは、ほぼ収まってきた。だが、いかに多くのリベラル派知事や地元当局者が、コロナウイルス拡散を防ぐためのソーシャルディスタンス(社会的距離)のルールを無視して、デモ隊を応援し、一緒に行進までしていたことを、誰も忘れていない。

 その結果、ロックダウンやその他の規制に対する懐疑的な見方が、特に右派の間で沸騰している。これを「コロナウイルス信頼ギャップ」と呼ぶのは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ゲフィン医科大学院のジョゼフ・ラダポ准教授だ。・・・

(残り1296文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース