トランプ陣営のスーパーPAC、2300万ドルの夏の広告キャンペーンを予定

(2020年7月17日)

President Donald Trump gestures as he walks across the South Lawn of the White House in Washington, Saturday, July 11, 2020. Trump was returning from a visit to nearby Walter Reed National Military Medical Center in Bethesda, Md. (AP Photo/Pablo Martinez Monsivais)


By David Sherfinski – The Washington Times – Monday, July 13, 2020

 トランプ氏を支持する最大の政治活動団体「アメリカ・ファースト・アクション」は13日、民主党の候補指名獲得を確実にしたジョー・バイデン前副大統領を批判する2300万ドルの広告キャンペーンを今月下旬に開始すると発表した。

 ブロードキャストやケーブルテレビ、デジタル広告を含む今回のキャンペーンは、ペンシルベニア州に750万ドル、ウィスコンシン州に560万ドル、アリゾナ州に560万ドル、ノースカロライナ州に450万ドルを投じる。

 このキャンペーンは、・・・

(残り231文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)
→その他のニュース