大統領よ、今すぐ、中国に真っ正面から向き合うべきだ

(2020年7月18日)

Photo by: Susan Walsh / In this June 29, 2019, file photo, President Donald Trump, left, meets with Chinese President Xi Jinping during a meeting on the sidelines of the G-20 summit in Osaka, Japan. President Trump on Jan. 9, 2020, suggested that the balance of a far-reaching trade deal with China might be put off until after the 2020 election. (AP Photo/Susan Walsh, File)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, July 9, 2020

 ANALYSIS/OPINION:今すぐ、あることをはっきりさせよう。中国のことだ。中国は、ほかのどの国よりも、米国の安全保障、安寧、そして、生き方にとって、最大の脅威である。

 彼らは、無論、数十年にわたってそうだったのだが、米国が内外のほかの難題で忙殺されていた間に、彼らは不正行為をやり繰りしてやっていたのである。ここに、過去10年間の代表的な例の幾つかを挙げてみる。

・中国政府は、連邦政府の被雇用者すべての人事的(そして最高機密の)情報をつかさどる米国人事管理局(OPM)にハッキングを仕掛け、2100万件の個人記録の窃盗を行った。

・中国政府は、わが国のF35ステルス戦闘機の青写真を盗み、それを使って中国版のFC31(ステルス戦闘機)を造った。

・中国政府は、連邦捜査局(FBI)が先月警告したように、・・・

(残り1943文字)

Trump Central Review【定期購読】


トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)
→その他のニュース