大統領よ、今すぐ、中国に真っ正面から向き合うべきだ

(2020年7月18日)


 ANALYSIS/OPINION:今すぐ、あることをはっきりさせよう。中国のことだ。中国は、ほかのどの国よりも、米国の安全保障、安寧、そして、生き方にとって、最大の脅威である。

 彼らは、無論、数十年にわたってそうだったのだが、米国が内外のほかの難題で忙殺されていた間に、彼らは不正行為をやり繰りしてやっていたのである。ここに、過去10年間の代表的な例の幾つかを挙げてみる。 ・中国政府は、連邦政府の被雇用者すべての人事的(そして最高機密の)情報をつかさどる米国人事管理局(OPM)にハッキングを仕掛け、2100万件の個人記録の窃盗を行った。 ・中国政府は、わが国のF35ステルス戦闘機の青写真を盗み、それを使って中国版のFC31(ステルス戦闘機)を造った。 ・中国政府は、連邦捜査局(FBI)が先月警告したように、・・・ (残り1943文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース