大統領よ、今すぐ、中国に真っ正面から向き合うべきだ

(2020年7月18日)

Photo by: Susan Walsh / In this June 29, 2019, file photo, President Donald Trump, left, meets with Chinese President Xi Jinping during a meeting on the sidelines of the G-20 summit in Osaka, Japan. President Trump on Jan. 9, 2020, suggested that the balance of a far-reaching trade deal with China might be put off until after the 2020 election. (AP Photo/Susan Walsh, File)


By THE WASHINGTON TIMES – – Thursday, July 9, 2020

 ANALYSIS/OPINION:今すぐ、あることをはっきりさせよう。中国のことだ。中国は、ほかのどの国よりも、米国の安全保障、安寧、そして、生き方にとって、最大の脅威である。

 彼らは、無論、数十年にわたってそうだったのだが、米国が内外のほかの難題で忙殺されていた間に、彼らは不正行為をやり繰りしてやっていたのである。ここに、過去10年間の代表的な例の幾つかを挙げてみる。

・中国政府は、連邦政府の被雇用者すべての人事的(そして最高機密の)情報をつかさどる米国人事管理局(OPM)にハッキングを仕掛け、2100万件の個人記録の窃盗を行った。

・中国政府は、わが国のF35ステルス戦闘機の青写真を盗み、それを使って中国版のFC31(ステルス戦闘機)を造った。

・中国政府は、連邦捜査局(FBI)が先月警告したように、・・・

(残り1943文字)

Trump Central Review【定期購読】


米、中国に外交官の大幅削減を要求へ スパイ事件の急増を受け

(2020年08月10日)

バイデンの副大統領候補であるカレン・バス、2010年のサイエントロジー講演での発言で苦慮

(2020年08月09日)

北朝鮮の「クリスマスギフト」は「10月サプライズ」になるのか

(2020年08月07日)

「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年08月05日)

トランプ陣営、世論調査は不正確と主張

(2020年08月03日)

経済対策で共和党分裂も、保守派がトランプ氏に警告

(2020年07月31日)

トランプ陣営の新選対本部長「長く激しい戦いになる」

(2020年07月30日)

財務長官:共和党コロナ救済策、失業給付の一部延長、給与減税はなし

(2020年07月29日)

どのようにバイデンの強固な支持基盤はトランプ支持に切り替わるのか

(2020年07月28日)

新型コロナ、紛争地域で拡大か

(2020年07月27日)
→その他のニュース