政府支援が枯渇すれば、大量の破産

(2020年7月20日)


 大企業も中小企業も、新型コロナウイルスのために営業を縮小しており、このままではそれほど長くは持たない。アナリストらは、さらに何百もの企業が破産申請を行うと予測している。政府からの制限と干上がった消費が経済に壊滅的な影響を及ぼしているためだ。

 経済のほとんどの部門がソーシャルディスタンシングの実施を迫られ、利益が圧迫される中、劇場、ホテル、レストラン、ジム、小売業は生き残りのため戦っている。

 再開計画は9州で逆転され、十数州で停止、半分以上の州で営業制限が続いている。

 破産申請は増加している。フィナンシャル・タイムズ紙によると、今年の上半期に3427社が、破産法11条(日本の民事再生法に相当)の申請を行ったが、2008年の金融危機には3491社だった。

 経済学者らは、制限が続き、連邦政府からの支援が8月に終われば、破産申請はさらに増加すると警告している。

 クレイトン大学の経済・金融学教授のアーニー・ゴス氏は・・・ (残り1130文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース