政府支援が枯渇すれば、大量の破産

(2020年7月20日)

Photo by: Nam Y. Huh / J.C. Penney is just one of the larger businesses that have had to close stores and file for bankruptcy as shutdowns take their toll. (Associated Press)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Wednesday, July 15, 2020

 大企業も中小企業も、新型コロナウイルスのために営業を縮小しており、このままではそれほど長くは持たない。アナリストらは、さらに何百もの企業が破産申請を行うと予測している。政府からの制限と干上がった消費が経済に壊滅的な影響を及ぼしているためだ。

 経済のほとんどの部門がソーシャルディスタンシングの実施を迫られ、利益が圧迫される中、劇場、ホテル、レストラン、ジム、小売業は生き残りのため戦っている。

 再開計画は9州で逆転され、十数州で停止、半分以上の州で営業制限が続いている。

 破産申請は増加している。フィナンシャル・タイムズ紙によると、今年の上半期に3427社が、破産法11条(日本の民事再生法に相当)の申請を行ったが、2008年の金融危機には3491社だった。

 経済学者らは、制限が続き、連邦政府からの支援が8月に終われば、破産申請はさらに増加すると警告している。

 クレイトン大学の経済・金融学教授のアーニー・ゴス氏は・・・

(残り1130文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)
→その他のニュース