暴力的抗議デモ、教会や宗教的シンボルも破壊

(2020年7月21日)

Photo by: Alex Brandon / People set up tables and provide free food and drinks on the sidewalk in front of St. John’s Church as demonstrators protest Thursday, June 4, 2020, near the White House in Washington, over the death of George Floyd, a black man who was in police custody in Minneapolis. Floyd died after being restrained by Minneapolis police officers. (AP Photo/Alex Brandon)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, July 15, 2020

 ジョージ・フロイドさんの死や警察の暴力、南軍の記念碑をめぐって教会を非難するのは行き過ぎだ。だが、教会施設や宗教的銅像が暴力的抗議による攻撃を受けている。

 先週末、ボストンやロサンゼルスなどで少なくとも四つのカトリック教会系の建物や銅像が放火、破壊された。かつてフニペロ・セラ神父が率いた249年の歴史を持つサンガブリエル伝道所を全焼させた火災は、放火の疑いで捜査が行われている。

 「7月10~12日までの48時間の間に、各地のカトリック教会が4カ所も攻撃された。聖人フニペロ・セラの銅像を引き倒したり、ルイ9世の銅像の撤去を試みた極左勢力が疑われるのは当然だ」。「カトリック行動連盟」のCJ・ドイル事務局長は、電子メールでこう語った。

 抗議活動はもはや、フロイドさんのことや警察予算打ち切りはどうでもよく、信教の自由という米国の伝統とは根本的に相いれない、米国社会の過激な再構築を目指すようになっている。こう論じる人々の主張は、教会までが標的になったことで裏付けられた。・・・

(残り1562文字)

Trump Central Review【定期購読】


トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)
→その他のニュース