バイデン氏の移民政策、不法移民1100万人に市民権

(2020年7月22日)

In this June 25, 2020, file photo Democratic presidential candidate, former Vice President Joe Biden pauses while speaking during an event in Lancaster, Pa. Biden and his leading supporters are stepping up warnings to Democrats to avoid becoming complacent. (AP Photo/Matt Slocum, File)


By Stephen Dinan – The Washington Times – Wednesday, July 8, 2020

 民主党の大統領候補指名が確定しているバイデン前副大統領は8日、党の新たな統一政策綱領として、1100万人の不法移民に市民権を付与し、トランプ大統領の厳しい国境政策をすべて撤回する意向であることを正式に明らかにした。

 バイデン氏は、移民に寛大な地域を拡大し、収監されている犯罪人を本国に送還する移民税関捜査局(ICE)の権限を制限し、犯罪歴のために退役させられた軍人の国外退去を停止する意向だ。

 これほど、バイデン氏とトランプ氏の間で違いが鮮明な政策は他にないだろう。

 バイデン氏とかつて対抗馬だったバーナード・サンダース氏の支持者らが作成した綱領は、・・・

(残り1053文字)

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース