バイデン氏、共和党員にも支持呼び掛け

(2020年7月26日)

Democratic presidential candidate, former Vice President Joe Biden, speaks during a campaign event, Tuesday, July 14, 2020, in Wilmington, Del. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Steve Peoples – Associated Press – Monday, July 20, 2020

 バイデン前副大統領は、民主党の大統領候補指名を勝ち取ってから4カ月の間、意見が合わない、時には対立している党内の勢力をまとめ上げることに注力してきた。選挙戦の終盤が近づき、この取り組みは、トランプ大統領を嫌う共和党員にも拡大している。

 バイデン陣営は、トランプ氏を頻繁に批判してきたオハイオ州のケーシック前知事(共和)にも接触しており、ケーシック氏は、来月の民主党全国委員会(DNC)でバイデン氏支持の演説を行う予定だ。この計画について知る人物が、匿名を条件に明らかにした。ケーシック氏は、この秋、バイデン氏を強く支持する数少ない有力共和党員の1人になりそうだ。

 一方、トランプ氏は、岩盤支持層以外に訴えかけることは事実上何もしていない。都市部郊外は失ったと考える共和党活動家がいる一方で、一部の有力共和党員は、トランプ氏の再選に向けたメッセージに大っぴらに疑念を表明している。困難な問題が山積する中、トランプ氏は先週、新たな選対本部長を任命した。

 投票日まで100日ほどになり、選挙戦の流れを変える可能性のある事態が発生した。17日、ギンズバーグ最高裁判事のがん再発が発表され、事態が流動化する可能性が出てきた。トランプ氏は2016年、最高裁判事指名の見通しを生かして、保守派の支持を獲得した。これがなければ、トランプ氏がこれらの支持を得ることはできなかった。

 フロリダなどの重要激戦州でのバイデン氏への支持は、・・・

(残り3987文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース