「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年8月5日)


 ANALYSIS/OPINION:40日、およそ40日。それは司法が「スパイゲート」で何かをつかむのに、あと、どのくらいの日数が残されているか、という話である。

 パイゲート」というのは、ドナルド・トランプを倒すための作戦のニックネームである。米国民は、米国のジョン・ダラム検事が文書、起訴状、無罪の証明――のいずれにせよ――フィクションより奇なるロングランの長編小説に決着をもたらせるようなものを出してくれることを首を長くして待っているのだ。

 早くそうしないと、過去の悪事の疑惑に将来を汚すのを許すことになるのだ。

 「レーバーデー」(労働者の日:9月の第1月曜日に当たる休日)が過ぎれば、現在、ウオーミングアップモードにある2020年大統領選は、フル回転する。その時から、選挙の日まで、投票に影響を及ぼすと見なされるような新事実を公共の場に流すようなことは禁止事項となる。

 さらなる事実が明らかにされることなく、米国人は、・・・ (残り1343文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース