「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年8月5日)

President Donald Trump delivers remarks about American energy production during a visit to the Double Eagle Energy Oil Rig, Wednesday, July 29, 2020, in Midland, Texas. (AP Photo/Evan Vucci)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, July 29, 2020

 ANALYSIS/OPINION:40日、およそ40日。それは司法が「スパイゲート」で何かをつかむのに、あと、どのくらいの日数が残されているか、という話である。

 パイゲート」というのは、ドナルド・トランプを倒すための作戦のニックネームである。米国民は、米国のジョン・ダラム検事が文書、起訴状、無罪の証明――のいずれにせよ――フィクションより奇なるロングランの長編小説に決着をもたらせるようなものを出してくれることを首を長くして待っているのだ。

 早くそうしないと、過去の悪事の疑惑に将来を汚すのを許すことになるのだ。

 「レーバーデー」(労働者の日:9月の第1月曜日に当たる休日)が過ぎれば、現在、ウオーミングアップモードにある2020年大統領選は、フル回転する。その時から、選挙の日まで、投票に影響を及ぼすと見なされるような新事実を公共の場に流すようなことは禁止事項となる。

 さらなる事実が明らかにされることなく、米国人は、・・・

(残り1343文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース