北朝鮮の「クリスマスギフト」は「10月サプライズ」になるのか

(2020年8月7日)

In this photo provided by the North Korean government, North Korean leader Kim Jong Un attends an emergency Politburo meeting in Pyongyang, North Korea Saturday, July 25, 2020. Independent journalists were not given access to cover the event depicted in this image distributed by the North Korean government. The content of this image is as provided and cannot be independently verified. Korean language watermark on image as provided by source reads: “KCNA” which is the abbreviation for Korean Central News Agency. (Korean Central News Agency/Korea News Service via AP)


By Guy Taylor – The Washington Times – Monday, July 27, 2020

 北朝鮮は昨年、秘密核開発計画をめぐるトランプ政権との交渉が決裂した後、「クリスマスギフト」を送ることを示唆、世界を震撼させた。

 クリスマスに、長距離ミサイルの試射や新たな核実験が行われることはなかったが、米国家安全保障筋は、クリスマスギフトは「オクトーバーサプライズ」になる可能性があると懸念している。米大統領選の直前というこの機会を効果的に利用するためだ。

 しかし、アナリストらの見方は、金正恩朝鮮労働党委員長が支配する北朝鮮が、武力を誇示しようとするか、突然の外交交渉の申し出を行って世界を驚かせようとするかで割れている。または、トランプ大統領を3回目の首脳会談に向かわせるためにその両方を仕掛けてくるということもあるかもしれない。

 中央情報局(CIA)の元朝鮮半島担当職員で、ヘリテージ財団上級研究員のブルース・クリングナー氏は、北朝鮮が緊張をあおる可能性はあると指摘。金政権が、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射や核実験で2年前にトランプ政権が設定した「レッドライン(越えてはならない一線)」を越えて、「緊張を高め」ようとすることはありうると指摘した。

 トランプ政権が1年半にわたって、・・・

(残り2250文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース